顎関節症について

顎関節症・歯ぎしり症

顎がカクカクなる事は、ありませんか?
口が開き難いと感じたことはありませんか?
物を食べるときに顎に痛みを感じることはありませんか?
そんな方は、顎関節症を疑ってみて下さい。

顎関節症

顎関節症とは、下顎の関節の運動に何らかの異常がある病気です。 顎関節症は、歯科で治療できる疾患です。近年一段と治療の内容は進歩しております。

顎関節症の症状

顎関節症の症状には
  • 顎の周辺に疲労感がある、慢性的な痛みがある。
  • 朝起きたときや、日常的に口が開けにくい。
  • 口をあけるときに音がしたり、口を開けるときに痛みがあったりする。
  • 顎の関節がひどく痛んだり、顎を動かすとカクカクと音がする。
  • 顎がよく外れそうになる。
  • 耳が痛い、頭が痛い。

などがあります。
顎関節症の多くは常に痛むことが少なくて、自分が顎関節症と気づかないことが多いのです。

顎関節症は、思春期以降の女性に非常に多く、全体の患者数の80%が女性だと言われています。

その中でも20~30代の方に顎関節症で、お悩みの方が多いです。
しかし、上記のような症状で、お悩みの方も顎関節症の治療で改善する事が出来ます。

顎関節症の原因

顎関節症の主な原因はかみ合わせの不具合による事がほとんどです。生まれつきかみ合わせが悪かったり、歯ぎしりや食いしばりによって歯が磨り減ってしまうむし歯や虫歯治療の際に高さの合わない金属やプラスチックの詰め物をした為にかみ合わせが合わなくなった場合、前後左右のかむ力が不均等になり筋肉のバランスが崩れ顎が移動しズレが生じます。 そして顎関節に過剰な負担がかかり、顎関節症の原因になります。

顎関節症の歯科治療

かみ合わせ治療(咬合調整:歯の形や高低を修正すること)

かみ合わせの調整をし物理的に治療します。また、高さの合わないクラウン(被せ物)の治療や、磨り減ってしまった歯の治療、虫歯の治療を行い、かみ合わせを正します。
かみ合わせを治療する事により顎関節に負担を無くし顎関節症を治療します。

スプリント治療

〔スプリント〕というマウスピースのようなものを装着してかみ合わせ治療します。
気がつくと「歯ぎしり」「食いしばり」などをして、顎のかみ合わせが悪くなり顎に負担が掛かってる場合、スプリントを装着することで無理な力が入って不安の掛かっている筋肉の異常緊張を緩和させ顎を安静位にする。
筋肉をリラックスさせる顎の位置で顎の負担を無くし顎関節症を除々に治療します。

  • 〒307-0001茨城県結城市結城12734-1
  • TEL:0296-20-8221
  • FAX:0296-20-8302
  • 診療時間:9:30~12:30、14:30~19:00
    (土曜 9:30~12:30、14:00~18:30)
  • 休診日:木曜・日曜・祭日

Yuki Dental Clinic Mobile

QRコードで簡単アクセス!! http://www.yukidental.jp/mob/